2007年05月02日

洋裁本レビュー

今日は子供達は学校、夫は休み。
時間があったので、久々に大きな書店へ出向き、
最近出た洋裁本をチェックしてきた。

見たかったのはこの三冊。



あと、おまけでこの二冊も。



以下、主観入りまくりのレポ。
興味のある方はどうぞ。

まず、最初に手に取ったのが「カット&ホームソーイング」。
カットソー物の本は少ないので、内容が気になっていた。
内容は、想像していたとおりという感じ。
ベーシックなTシャツ、キャミ、ラグランの作り方が載っていて、
それをアレンジした作品がいくつか。
雰囲気的には、「ロックミシンの基礎(LaLaLa2)」に近いかな。
カットソーを縫ったことがない人は、持っててもいいと思う。
LaLaLa2を買う前だったら、買ってたかも。

次は「ロブルージュ」。
こちらは言わずと知れた(?)伊藤まさこさんの新刊。
こはるのふく」のイメージを、そのまま大人服にした感じ。
同じデザインも、生地を変えると感じが変わってまた楽しい。
洋裁本としてより、デザインやテキスタイル、
全体の雰囲気を楽しむために見るにはいい本かも。

お次は、茅木真知子さんの新刊「水玉のソーイング」。
掲載されているパターンは、どれも知的な感じで上品。
水玉以外で縫ってもきっと素敵なのができると思う。
私には着ていくところがないがorz
裾がドロストのブラウスと、ウエストがドロストのワンピはかなり好み。
だったら買えって。

そして、おまけ二冊もレポ。

まずは「夏のかんたんソーイング(’07)」。
この間見た「FEMALE」が今一つだったので、
こちらに期待すべく、手にとってみた。
結果というか個人的感想から言うと、こっちの勝ちかな。
レース付きのキャミとか、ハーフパンツとか結構かわいかったし、
こっちのほうが実用に堪えそうな気がする。
ただ、私には若すぎて無理。残念。

ナチュラル素材の夏服とこもの」は、
昨年あたりから出てるシリーズの最新版?
ワンピとかスモックブラウスとか、どれもかわいい。
が、私が着たら・・・?
あと、ちょっと見飽きた感があるかな、という気も。
どこかで見たようなデザイン、柄が多いのがちょっとね。
昨年のこのシリーズを買った人は、果たして買うだろうか。
もうちょっと目新しいのが欲しかったな。

と、いろいろ見たものの、結局一冊も買えなかった。
というより、「ぬぉー、これ縫いたい!」と思うデザインがない。
なんつーか、萌えない、とでも言うのだろうか。
夫にも「本、買わないの?」と言われたが、
欲しいと思う本がないので仕方がない。

やっぱ、あとはネットショップのパターンに走るか、
頑張って「ミセスのスタイルブック」とかに行って、
原型からパターン引くしかないんだろうか。

縫い物も難しいなぁ。

banner_03.gif
昨日は最高位41位!今日もクリックお願いします


posted by とがっち at 00:30| Comment(7) | TrackBack(0) | ソーイング・こぼればなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
レポ、参考になりました。
カット&ホームソーイング 気になっていたけれど
近所の本屋さんに置いてなくて、そのまま。
これ、水野さんの本なんだよね。
彼女のパターン好きで大人服本は全部買ってます。
そうかLaLaLaに近いんだ。
う〜ん、どうしようかな。


Posted by しぇる at 2007年05月02日 09:11
茅木真知子さんの本は2冊持っているのですが
本当に持っているだけ(笑)
とってもキレイなラインの洋服をうっとり眺めるだけで宝の持ち腐れ状態です。
多分10年近く前に買った本だけど
今見てもすっごく素敵なデザインなので飽きません。
いい加減見てるだけじゃなく形にしなきゃな・・・(^^*ゞ

>欲しいと思う本がないので仕方がない。
私も最近、パターンはかなりじっくり悩むようになってきたので
本屋さんで一目ぼれ・・・最近ないです。

スタイルブックなどからパターンをひけるとがっちさんが羨ましいです(人´∀`)
私はそういうの基礎がないからダメ・・・
Posted by あんず at 2007年05月02日 12:04
>しぇるさん

嬉しいご感想ありがとうございます^^
使いやすそう&アレンジのききそうな感じのパターンでした。
キャミはLaLaLa〜にはないので、
これからキャミ等を作ってみたいというのであれば、
そちらもご覧になってみるといいかもしれません。

あんずさん>

茅木さんの本、私は一冊だけ持ってます(笑)
あくまでもベーシックというか定番で、
流行り廃りがないのがいいですよね。

私はパターンひけませんよー。
あくまで自己流で、適当に作図してるだけです(笑)
ただ、自分で思ったデザインのものを作りたいなら、
そういう方向に足を踏み入れないとダメかな、とは思っています。
基礎がないのは私も同じ。
お互い頑張りましょう!
Posted by とがっち at 2007年05月02日 14:31
↑スタイルブックの話が出ていたので、追加コメント。
文化通信屋って、スタイルブックのパターン、一応は書けるようになりました。
でも、ニットソーイングは、
原型から どうデザインしていけばよいんだろう???
って疑問が残ってます(^。^;)
Posted by しぇる at 2007年05月02日 16:04
>しぇるさん

スタイルブックは基本的に布帛ですもんね。<原型操作
ニットはテンションによっても仕上がりが変わってしまうし、
ホントに難しいと思います。
機会があったら勉強してみたいなーとは思いますが、
なかなか重い腰が上がりません(笑)
Posted by とがっち at 2007年05月03日 00:19
『水玉ソーイング』
私とつぼが同じで嬉しいです(´∀`*)
なんつって、私も見ただけで買ってませんが(^^ゞ

数年前、初めて今のナチュラル志向の本を手に取った時は
衝撃を受けました(菊池しほさんの本でした)。
それまで手作りママンって
クマちゃんとかウサギちゃんのアップリケに
キルトのバッグってイメージが強かったもので(笑)。
今は同じ様な本が溢れて
見飽きた感がありますよね。
↑のような衝撃までは期待しないけど
一目惚れで即買いしたい本に最近出会わないなあ。
だからパターン買いに走るっと言い訳を少々(爆)。
Posted by ひなひな at 2007年05月03日 05:21
>ひなひなさん

茅木さんの本は、つい見ちゃうんですよ。
比較的「ほっこり路線」じゃないからかな(笑)

同じく、最近一目ぼれな本に出会えません。
あと最近多いのが、本&ショップの着画で、
肝心な服のシルエットがよくわからない写真。
イメージ画像はいいから、全体の形を見せてくれ!と。
お互い、いい出会いがあるといいですね。<パターン
Posted by とがっち at 2007年05月05日 22:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック